スタジオエル スタッフ日記

スタッフが仕事・趣味問わず書く日記です  (記事の内容はスタッフ個人の見解であり、会社の公式見解ではありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホワイトカラー(中村)

ホワイトカラー2007/1/7


愛知では雪が降っていました。
今冬で見た初めての雪です。

最近なんだかネットのニュースを見ていると「ホワイトカラー・エグゼンプション」なる「残業代不払い制度」というのが目に付きます。
正直、個人事業主である僕らとしては関係ないです(^^;

でも、色々記事を読んでると全然関係ないってことでもなさそう。
労働時間というのが決められてて、それを越えての仕事の時間給は出ませんよ。
出ませんが、良い仕事をした結果が出たのならそれに見合ったお金は払います。
掻い摘んで言うとこんな感じでしょうか?

アニメ業界で考えるとなんだか泣けてきます。
アニメ作りは資金が少なく、少ないところで何とかしようとしてアニメなりの表現技法が生み出されて、作品を良くしようと休みなく働いて底上げをしていき、手を抜いても、手を尽くしても賃金はかわらずの出来高。

大抵はこのアニメ業界に夢を抱いて入ってきた人たちですから、身を削って頑張ってしまいます。
それで言われてるのは情熱の安売りという訳です。

「ホワイトカラー・エグゼンプション」においての成果に応じての賃金というのを誰が決めるのだろう?
やっぱり上司と言われるべき人たちなんでしょう。
その人たちが「別にたいした事ない」と思ってしまえば払わなくて良いという事なのでしょうか?
パワー・ハラスメントが普通に起こりそうな気がしてなりません。
レ・ミゼラブルのバルジャンも言っています。
バルジャン「汗水働いてこれかっ!?」
労働者の頭「お前は前科者だぜ。同じでたまるかクズと!」

アニメ業界と似たように一般社会もなると大変です。
賃金がまだ高い分大丈夫だとは思いますが、精神的に来るものがあるでしょう。

なんだか大変な時代になったなと思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/07(日) 18:50:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。