スタジオエル スタッフ日記

スタッフが仕事・趣味問わず書く日記です  (記事の内容はスタッフ個人の見解であり、会社の公式見解ではありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

誰のためじゃなく自分のためだから(中村)

自分がこれだけ頑張ってるんだよーと上に言うのは結構恥ずかしいものです。

同僚や仲間に愚痴を言う程度なら普通ですが、上に言うのは言った自分が惨めになります。
人と比べるとさらに惨めになります。
他の人はこうで自分は・・・。

僕は作画をやっていたときに色々考えました。
自分には絵の才能があるとは思えない、絵の才能がある人たちが大勢集まっている人たちの中で生き残るには、その人たちの倍時間をかけて同じ作業をしないといけない。と言う考え。
そして極々普通の原画マンになる事ができました。

僕は新人さんたちによく言う言葉です。
「天才はいるけれども、そんな人は極まれで、ほとんどの人が努力して今を築いてるんだよ」って。
僕や外崎さんなどは、食生活のしのぎ話をしたらネタが
たくさんあります。
松島さんだって1ヶ月間ほとんど帰れず必死で作業していた頃もありました。
でも、それらは誰かがやれって言われてやった訳じゃなく、
自分達の意志で、意地でもあります。

若い子達を見ていて、ハングリーさが足りないと耳にします。
僕らの昔のようながむしゃらさが足りない。でも、昔の僕らと比べても意味がないです。
昔や過去と比べても意味がないし、人と比べても意味がないです。
今自分がどれだけ頑張れるかとそれぞれが思うことが一番重要なんだと思います。

そして目の前に山がそびえ立っても、何かしら楽しさを感じて攻略していく事が大切なんだと思います。
高い高い山を頂上まで上り詰めれば、それだけ達成感は得られ、途中で振り返れば、ここまできたかと感慨深くなります。
知恵をめぐらせて高い山を登るんです。
どうせやるなら辛いより楽しくやった方がいいでしょう。

そしてその後にこの世には飲み屋とバッティングセンターなるものがあるのでそこで解消するんです(笑)

僕は富士山で言えば五合目くらいまで着ました。
上も下も見えるところです。
五合目までは舗装されている道。これからは舗装されていない山道です。
これからは自分で一歩一歩登っていく事になるんでしょう。

人と比べても仕方がない。誰が頑張るのかっていうと、
自分なんですから。
頑張っていればちゃんと見ている人はいてくれるはずです。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/22(月) 18:28:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。