スタジオエル スタッフ日記

スタッフが仕事・趣味問わず書く日記です  (記事の内容はスタッフ個人の見解であり、会社の公式見解ではありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイカツ!#31 スタッフコメント(演出 宮原)

マミコォォ~ウォォー!
もとい リンゴォォ~ウォォー!

リンゴ シング ザ メイクアップマイミュージック!
言葉ではなく心で理解した!』イチゴが!
てきな話数になるといいな~と思ってます。

この話数をやる上で意識した事は、リンゴの芝居は他のキャラより原画枚数を増やして丁寧に芝居させて一味違ったカンジに見えるといいな~って思ってました。弁当屋だけに!
なぜリンゴがメイクアップマイミュージックを歌いスターライトティアラのカードを持っていたのか!?
ラストの織姫学園長とリンゴとの笑みの交し合いは一体!?
謎が謎を呼ぶアイカツ!
あっとこれ以上は僕の口か笑いえませんな グヘヘッ
でも、そういったミステリアスなとこがリンゴママの魅力をSignalize!際立たせるのデース。

アイカツ!をやって改めて再認識したことは、アニメはキャラの魅力をだしてこそってことですね。
多少のツッコミ所があったとしても!
本番ではハンドフリーな踊りだけど、リンゴママはしゃもじ出したとか・・・
「重いコンダラ」なのか「想い込んだら」なのかとか・・・
そんなことは重要だけど重要じゃない!
大事なのはお母さんです。
お母さんの魅力、にんげんりょく、温か味あるキャラクターです。お弁当屋だけに!

あと今回 個人的に気に入ってるのが草むしりのとき腰を叩いてるイチゴの表情。
あれ描いた原画マンと作監GJ!
それとフルーティーな名前の多い星宮家。きっとイチゴのお婆ちゃんの名前は「ウメ」に違いない!と勝手に予想したりしてます。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/16(木) 18:30:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイカツ!#31 スタッフコメント(作画監督 菊地)

こいつはくせえッー!アイドルのにおいがぷんぷんするぜーッ!環境でアイドルになっただと!?ちがうね!!こいつは生まれついてのアイドルだッ!!』と、僕の中の紳士が今回の設定を見て叫びました。小さいいちごちゃんパないッス

どうも、26話「桜の季節」の後半、今回31話「母の日はアイドル!」も後半の作画監督を務めた菊地です。またまたやらせて頂きました。
親子愛と特訓という、作画チェッカー全員がバキ好きの僕達に相応しい回を振られたと思います。

たぶん「チョコっとらぶ」以来のママ回なので、あの回を見て「贅沢は敵だ!!」と叫んだ身としては、気合を入れねばと頑張ったつもりですが、どうだったでしょう・・・
幼女のママ、少女のママ、今のママと、とにかくママを可愛く描く事に重きを置きました。
そこさえ押さえれば今回は何かが何とかなるだろうと・・・。
いやしかし今回は脚本が素晴らしかったので、それに救われた気がします。
1カット1カットでは自信が無かったものが組みあがってみると自班作なのにホロリと来たのは脚本の力ではないかと思いました。やはりアニメは総合的なものだなぁと
だからこそ逆に作画の側は話のテーマを殺さないようにどういう表情、演技が正しいか思索が不可欠な訳ですが・・・。
まあ、とにかく、最近はCGも作画より良くなったと言われてるし、少しでも足を引っ張らないよう頑張ろうと思います。
俺達のアイカツおじさん活動はこれからだ!ブヒヒ!
  1. 2013/05/16(木) 18:30:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。