スタジオエル スタッフ日記

スタッフが仕事・趣味問わず書く日記です  (記事の内容はスタッフ個人の見解であり、会社の公式見解ではありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#アイカツ #106 スタッフコメント(後半・作画監督 菊地)

ヒーホー!アクマをアイカツしても平気なの~!?
・・・・モブキャラが大変すぎて・・もう僕の生体マグネタイトは限界です・・・

どうもすいません(・_・;)
今回アイカツ!106話「アイドル☆ハロウィン」後半の作画監督とか、後半のモブキャラデザインとか茎わかめとか苺うちわとかエビポン魔改造とかしてた、Dark‐Chaosな作監の菊地です。
アイカツ!オールスターズ?キラキラkawaiiアイドル大集合♪なハロウィン回いかがだったでしょうか?
コンテもらった段階でこれは失敗したらメチャ叩かれる回だって分かっていたのに、こんな感じです。
もう、ちょっと限界で、ジョニーチップスの作画なんて、ラッシュ終わった後に映像見て、「何だよメンタイハンバーグって?ww」
って突っ込んだくらい限界でした
いや、まあ今回は総作監制だったので作画的にはメチャメチャ救われてますが。入ってるのが全体の五分の一位でも、引っ張られて作監修正入る傾向も結構あったりするので・・・・チーフ作監様は偉大です!
(ちなみに参考に例を挙げると、いちごが「せいかーい」と言うカットが総作監修正入ってるカット。「ちゃんと食べてね」という、チョコっとラブなカットが総作監修入ってないカットだったりします)
ああ、それと、えびぽんのフンドシを勝手に外して怒られるかと思ったら、一切リテイク出ないどころか、むしろ提供カットにされてて、さすがアイカツだ!って思いましたね!

(思い出した・・そもそも蘭の試験のパート、一原自分でやったから大変になったんや・・・。ポーズの動きをもっと抑えるか誰かに投げてれば・・・・)




スポンサーサイト
  1. 2014/10/30(木) 18:35:02|
  2. 未分類

今日は #アイカツ 放映日 (作監・菊地) 

「トリ~ック・オア・トリ~トぅ~!お菓子をくれなきゃ悪戯しちゃうぞ~!」
「おまわりさん!こいつです!」
「何をする!?放せ!やめろ!今日は『アイカツ106話、アイドル☆ハロウィン』を見なくちゃいけないんだ!まだSHIROBAKOも俺はもらってないんだ!!」


今日はアイカツ106話「アイドル☆ハロウィン」放映日です
はい。すいません。俺達なんです。お察しください(´・ω・`;)

しかし、まさか、プリキュアもプリパラもハロウィン回があった後とはねえ・・・
いつの間にハロウィンは日本に定着してたのか・・・
  1. 2014/10/30(木) 13:05:04|
  2. 宣伝

SHIROBAKO2話を見た感想(作監・菊地)

シロバコ、やっぱりホラーアニメじゃないッスか~(; ゚ ロ゚)
SHIROBAKO2話を見ましたがこれは作監、動検からするとホラー以外の何物でもない話ですねw
別に宮森さんが具現化系能力を発揮したからホラーとかではなく、オールラッシュのリテイク出しが終わった後に原画から大幅リテイクというのは通常ありえない事なのです。(少なくとも僕が動検や作監時に経験した事はない)
監督が、ダビング時に作画から全部直すって言い出したシーンで僕はリアルに、アイエエエエエΣΣ(゚д゚lll)ってなりましたからね
本当に演出の山田さんが全面的に正義ですよwもう実は三話まで見てますが、山田さんはあらゆる面で正しい演出さんだと思いますね。原画新作の大幅リテイクなのに、ちょっと変えるだけとか、演出変更を認めない監督マジ汚いw
しかし、それに対して演出さんとは逆に何で作監陣はあんなに冷静でいられるのか・・・(-∀-`; )
状況的に本来なら、ヘルプとはいえ遠藤がリテイク対応を迫られる作監の立場なんだから
何とか表情修正で済まないかとか、具体的に何をどこまでどう変えるのかとか、交渉しないといけないと思うんですけど・・・
この男は随所に責任感の無さが滲み出てますね

それにリテイク動画はその話数の動検が対応するはずなので(そうしないとモラルハザードになりやすいから)リテイク対応可能か宮森さんは作監・動検に確認してから可否の判断をしないといけないはずだし・・・というか作画スタッフの居ないダビングスタジオでは嘘でも良いから出来ないって言えばいいのに、って思いましたねw
ナベPが宮森さんに振ったのは無責任な無茶振りではなく、一番の回しの当事者である宮森さん自身に判断権限を渡したのだから拒否しても良かったはずなんですよね

まあ・・・リテイクを出すタイミングの拙さを除けば、声に表情が合って無いから修正するという事はよくあるリテイクではあります。この手のリテイクは演出や監督より作監の方が出す傾向があるような気がしますね。
実際のりテイク作業では演出、監督の方が無茶を避け、確実にV編に間に合うリテイクの出し方をすると思います
実作業で実力をもって責任を果たせる人間の方が、より権限を行使したがるって事ですね(;´・ω・`)
(また作画作業じゃ原画チェックより前にアフレコが終わってる事の方が多いので、ラッシュより前に、アフレコ音声を携帯やタブレットにぶっこんで声優さんの演技を聴きながら原画を直したりします。作監の僕が描いたレイアウトのAR用レイアウト撮でも音響監督が意図を汲んでくれるとは限りません。作画側が音響監督の演技指導の意図に合わせるのが確実なのです。そういう意味ではシロバコ2話は極めてリアルです)

また、リテイク出しのタイミングを除けば監督の言うことが間違いではなく全く正しくて、1カットの芝居をどうすべきかってのは物語全体から規定されなくちゃいけないってのは本当にそうです
コンテを読み込んで話やそのテーマをどう解釈するか考えてやらないとおかしくなるんですよね(僕がそれを常にちゃんと出来てるとは絶対に言いません(-_-;))
それで、実際のアニメの作画作業であんなに綿密な議論を演出サイドとするかというと、ほとんど無いです(,,-`ω´-)。なので大半は自主的な考察になります。国語のテストの世界です
その話数の物語のテーマは何か、どういう構造の物語なのか、そのシーンでキャラの感情が変化する理由は何か、それらを演出さんが作打ちで論理立てて教えてくれる事は滅多にありません。原画マンや作画監督は自身の国語力で細かい部分は読み解くのです。(動きは凄いけど芝居には違和感がある、というアニメーターがいる理由はこの辺にあると思います)
そう言う意味でリテイクのタイミングを除けば、このシロバコの監督は凄い良い人とも言えます。重要カットでもあんなに熱心に説明する演出さんはそうは居ません。すばらしい指導です。
ただそれでも・・・やっぱり基本的には演打ち、最悪でもレイアウトチェック前には言ってほしいですけどねw

(あと、あの状況下でそういう原画作業を振られて引き受ける井口さんマジパねえッスw。抽象的なリテイクの重要カットを一発原画で明日の朝までとか、並みの作監クラスじゃクソ原画出すか精神的に潰れますよw)
  1. 2014/10/27(月) 05:43:33|
  2. 感想

SHIROBAKO一話を見た感想(作監・菊地)

業界人の間で話題になってる?SHIROBAKOというアニメを見たんですが・・・(;´д`)
事前に想像してたほど恐ろしい内容ではなく、身近な世界のコメディとしてかなり楽しめました

ただ、あの制作の金髪君が責められてたシーンはちょっと違和感がありました
彼はそんなに悪くはないんじゃないかと。
何故かと言うと、演出や作画監督のレイアウトチェック作業において、レイアウトが全て自分の手元に来てるかは絶対に確認する事だからです。
SHIROBAKOの作中ではカッティングオールカラーでしたので、期間的にレイアウトの入れきりが出来てないことの確認は何度も起きていて当然であり
ラッシュチェックの日時の連絡が来た段階でレイアウトが入りきって無ければ、まずい状況である事は演出と作監は100%確実に気が付きます。これに気付かなかったとしたら、その事自体に責任があります
何故なら、チェックを出し切って無ければ演出・作監ともに自身がレイアウトチェックの締め切りを破っていると必ず自覚出来るからです
制作は一年目の新人で状況への理解が浅いです。残り1カットが上がらないだけで原画マンから強制的にカットを引き上げるべきかの判断がつかない場合もあるでしょう。相手が上手いアニメーターなら気を使うでしょうから尚更です
そうした状況に気付いているべき、業界の先輩である演出と作監が引き上げ等の指示をしなかった事は、金髪君と同じかそれ以上に問題があると言えます。
主人公の宮森さんは、あの演出と作監の二人に「なにやってんだお前ら、この期に及んで原画マン選り好みしてる場合か!?」と怒っても良いんじゃないかと思いましたね( ´△`)
あの作監と演出の言動からして、おそらくどちらかが問題のある原画マンに重要パートを割り振った、より根本的な責任もあるはずでしょうし。




  1. 2014/10/20(月) 23:14:16|
  2. 感想
  3. | コメント:0

アイカツDVD27巻のジャケットがー!?((((;゜Д゜)))(作画部・菊地)

僕が言う資格があるのか分からないですが・・・・
アイカツDVD27巻のジャケットの絵、セクシー属性すぎじゃないッスかーッ!!?( ̄□ ̄;)
これは、「アイカツは深夜42時アニメ!」とか意味不明な事を言われる案件ですよ!
いや、むしろおっさんは逆にこういう方がレンタルしやすいかもw
これこそ真の大人モードって事なのかーッ!?(;゜∀゜)
  1. 2014/10/18(土) 17:33:03|
  2. 感想
  3. | コメント:0

原画チェック終わった\(゜ロ\)(/ロ゜)/+どうでもいい妄想 (作画部・菊地)

原画チェックがとりあえず終わりました・・・(・_・;)
これほど追い込まれたのはイナズマイレブンの冬花デート回で一人作監をしてしまった時以来な気がします・・・
ケルト人の収穫祭終了のお知らせが来ないかと待ちわびましたが無理でしたね・・・・(>_<)

どうでも良い話ですけど、クリスマスが古代ゲルマン人の冬至祭の影響を受けてるのは知ってましたが
ハロウィンも冬至祭的な性格のものなんですねえ(wiki見ただけですがw)
どうも、冬至祭であり、収穫祭であり、お盆であり、正月であるイベントのようです(適当)

おそらく太陽の最も低くなる冬至だからこそ、もっとも彼岸に近い時期であり死者が戻ってくるという連想なんでしょうが、それに収穫祭が同機してるというのが面白いですね。
これは豊穣の神と悪霊と祖霊が同時期に来るという事ですからw
神の火で悪霊を退けてるというのが普通の解釈なんでしょうが、元々は神や祖霊や精霊は似た様なのもので、家に訪ねてくる霊達に
供物をさし出す事で災いを避け豊穣を約束させるようなものだったんじゃないかって気がします
ジャック・オー・ランタンのデザインの由来は作物の皮の中に人魂が入っているというものらしいですから。
植物の霊と祖霊が混在になった、豊穣をもたらす精霊的な神様みたいのが元々の在り方だったんじゃないでしょうか?
・・・ま・・・根拠の無い完全な妄想ですがね・・・(;一_一)





  1. 2014/10/18(土) 12:20:34|
  2. 戯言

皆既月食

皆既月食
会社屋上で皆既月食の撮影に成功しました!
  1. 2014/10/08(水) 20:13:27|
  2. 未分類

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。