スタジオエル スタッフ日記

スタッフが仕事・趣味問わず書く日記です  (記事の内容はスタッフ個人の見解であり、会社の公式見解ではありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

誇れるサブカルチャー(中村)

総裁選に出る麻生さんが秋葉原で演説したみたいですね。
ネットを見ていたらそんな情報が載っていました。

マンガを通して「日本を誇れるような国にしていこう」と言った面白い角度からの演説内容になっていました。
ネットでの広まりを狙っての秋葉原演説とは思いますが、この麻生さんはマンガ好きで有名です。
日本のサブカルチャーへの理解力も高いです。

サブカルチャーとはなんぞ?と言うと、極端にいうとマイナーな娯楽で、あっても無くてもいいよーと言った文化です。
そんな中にアニメやマンガ、ゲームなどが属していたりします。
最近そのサブカルチャーの認知度が上ってきていますが、やはり「マンガなんかにうつつを抜かして」という言葉が出てくるように、低俗という見方は絶えません。
現実的にまだまだ一般的に見られていないという感じでしょうか。

そんな麻生さんの演説の情報を見ていると書き込みがあって
『アニメーターの給料を上げてあげて!』と言うものが(笑)
これは業界人か視聴者かわかりませんが、良くとって視聴者って事に僕の中で決定しました!(^▽^)
ありがとうございます。

結構アニメも認知度が上ってきていて、世界的に見ても、国際コスプレサミットやらありますし、アニメの輸出もそれなりに形をなしています。
ですが、現場の環境はあまり変わらなかったりします。
情熱の安売りといいましょうか、厳しい環境で好きな事をやっていると言うのを支えに自分自身を納得させてだましだまし日々仕事をしている感じでしょうか。
色々アピールしたくてもサブカルチャーの縛りから抜け出せれません。
『サブカルチャーを文化として理解している人』
『そんな低俗な文化と蔑んでいる人』

この2つの考えがあって、後者の考え方がサブカルチャーで仕事している人たちの壁になったりします。
そんな中
「アニメやマンガ、ゲームは、世界相手に頑張っている産業だよ!!」
と公に言ってくれる方がいるんです。
表面上という感じじゃなく、だって俺も好きだから(笑)的な。

やっぱり自分達が努力している仕事は皆に理解して欲しいし、環境も満足できるものでは決してないから、改善していって欲しい。
僕らができることは、理解してくれそうな人を応援する事ぐらいでしょうか。
それにしても麻生さんは爆弾発言もある方ですが、やっぱり面白い!
  1. 2007/09/17(月) 14:02:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://studioelle.blog77.fc2.com/tb.php/263-cddae3f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。