スタジオエル スタッフ日記

スタッフが仕事・趣味問わず書く日記です  (記事の内容はスタッフ個人の見解であり、会社の公式見解ではありません)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

帯に短したすきに長し(中村)

むむむ・・・・最近アニメは4:3スクリーンものが増えてきたのでしょうか?

どうもそんな事を最近耳にします。
地上波では4:3、DVDでは16:9で変化をだしてDVDの価値観を上げたいと言う事なのかな?
推測なので良くわからないですが僕の感覚では増えている気がします。

※4:3=普通のTVの正方形に近い映像が映るスクリーン。
 16:9=ワイドTVとか上下に黒く切れていて横長に見える映像スクリーン。
 簡単に言うとこんな感じでしょうか。

この両方でおさまり良くレイアウト描くとき本当に難しかったりします。
16:9(ハイビジョン、ほぼビスタ)でも通用して4:3(スタンダート)でおさめる。
「帯に短したすきに長し」こんな言葉がしっくり来ます。
基本4:3なのでこのフレームに書き込まないといけないものを入れ込む。
すると16:9になってカメラが引いた感じになると、サイドがスカスカになったりします。
逆に16:9でおさめて4:3にすると、4:3のときにキャラがフレームから切れていたり、変な画面になったりします。

僕もこういった原画をやったことありますが。ひじょーーーにやっかいです・・・。
まずうまく行かなかったりします。
16:9と4:3両取りすることは難しいので良い落としどころを見つけてフレームを決めていくという作業になります。

僕は劇場やビデオには興味がなく、TVシリーズを1番重要に思っている人なのでなんだか苦しいです。
1番色んな人が見てくれるであろうメディアはTVだし、自分もTVアニメ見てアニメおもしろいなーと思った口なので。
DVDになれば世界中の人が見るんだよっと言われても、現場の人は
日本の人に受け入れられるかを勝負してたりします。
色々頭をめぐりますが、良い映像を作れるようにしたいです。

そして写真は一時的に置いてあるらしい看板。
外崎さんや松島さんは、日々頑張ってますよー。

テイルズ

  1. 2007/01/16(火) 18:22:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://studioelle.blog77.fc2.com/tb.php/29-a4883082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。